第30期 表彰

一般社団法人 可視化情報学会 第29期 学会賞

1.論文賞

受 賞 者:中澤里奈(TRL)、伊藤貴之、斎藤隆文
表  題:Analytics and Visualization of Citation Network Applying Topic-based Clustering
対象論文:Journal of Visualization, Vol. 21, No. 4, pp. 681-693, 2018.

2.技術賞(カテゴリⅠ)

受 賞 者:A. Z. Nazari, Y. Ishino, R. Yamada, T. Motohiro, F. Ito, H. Kondo, Y. Miyazato, S. Nakao
表  題:“CT (Computer Tomography) Measurement of 3D Density Distributions of High-Speed Premixed Turbulent Flames (Multi-Path Integration Image-Noise Reduction Technique Based on Novel Concept of Complex Brightness Gradient in Quantitative Schlieren Images)”
対象論文:The 18th International Symposium on Flow Visualization (ISFV-18), Zurich, Switzerland, June 26-29, 2018

3.技術賞(カテゴリⅡ)

対象者なし

4.奨励賞

受 賞 者:花崎 逸雄(農工大)
表  題:
熱揺らぎが支配的なメゾスケール熱流体現象の可視化と制御に関する研究
(1) セルロースナノファイバーによるコーヒーリング現象の抑制
(2) TIRF によるナノ流路内の トレーサー可視化における露光時間の影響*

対象業績:可視化情報,Vol. 37,Suppl. No. 1
可視化情報,Vol. 38,Suppl. No. 1*

受 賞 者:桑野 修(海洋研究開発機構)
表  題:可視化で進める地震研究
対象業績:可視化情報 Vol.37 Suppl.1(可視化情報シンポジウム), D111 (2017)

5.映像賞

対象者なし

6.貢献賞

対象者なし

第29期の学会賞以外の受賞者

1.第45回可視化情報シンポジウム ベストプレゼンテーション賞

1. 第46回可視化情報シンポジウム ベストプレゼンテーション賞
(1) 竹下泰史(北九州市立大)
「レインボーシュリーレン法によるショックトレーンの可視化」
(2) 北島雅文(工学院大)
「射出機を用いたテニスボールの空力特性計測」
(3) 杉岡洋介(東北大)
「粒子/色素吸着型ポリマーセラミック感圧塗料の特性評価」
(4) 宮城優里(お茶の水女子大)
「RGB-Dカメラで記録した歩行者軌跡のパターン分析と可視化」
(5) 西村京馬(立命館大)
「3次元計測点群データの奥行き強調可視化 ― 点線と点密度制御の活用 ―」
(6) 鳥取直友(東工大)
「慣性フォーカスとDLDマイクロピラーによる微粒子分離」
(7) 難波陽大(日本大)
「偏心型軸流式血液ポンプの内部流れの解明と生体適合性の評価」
(8) 中村崚登(神戸大)
「燃料インジェクター内におけるストリングキャビテーションの発生と
3次元流場構造の分析」
(9) 江口玲央(京工繊大)
「機能表面に沿う自然対流気液二相流の可視化画像計測」

2.第45回可視化情報シンポジウム アート賞

大賞

① 石井大地、桑田輝一(大分工業高等専門学校)
「Streamlines」
② 芹田真澄、武田咲希恵(東京理科大学)
「いろどり」

金賞

太田槙吾、市川拓弥(東京理科大学)
「”Watch” the sound」

銀賞

松岡大祐、荒木文明、佐々木英治(国立研究開発法人海洋研究開発機構)
「encounters of ocean currents and eddies」

3.第1回ビジュアリゼーションワークショップ

最優秀賞

学生の部:
「レーザ計測によって取得された大規模3次元点群の自動ノイズ平滑化と
高品質透視可視化」
内田知将, 長谷川恭子, 李亮, 田中覚(立命館大学)

大学院生の部:
「計測・同化・シミュレーションの3種類の海洋データを用いた
モード水領域の比較可視化」
矢野緑里, 伊藤貴之, 田中裕介, 松岡大祐, 荒木文明(お茶の水女子大学)

優秀賞

学生の部:
「スマートデバイスを用いたマルチエージェントモデルに基づく
津波避難疑似体験システム」
植野雄貴, 近真弥, 陳詩凌, 金澤功樹, 樫山和男(中央大学)

大学院生の部:
「南海トラフ巨大地震における大規模津波の数値シミュレーションに基づく
塩分変動ビジュアル解析」
森本行哉, 中田聡史, 長谷川恭子, 李亮, 田中覚(立命館大学)

第31・32期代議員

  1. 荒木 幹也(群馬大学)
  2. 石間 経章(群馬大学)
  3. 稲垣 照美(茨城大学)
  4. 梅村 篤志((株)IHI)
  5. 大石 正道(東京大学)
  6. 大石 義彦(室蘭工業大学)
  7. 大野 暢亮(兵庫県立大学)
  8. 大林 寛生(日本原子力研究開発機構)
  9. 尾上 洋介(日本大学)
  10. 小野 謙二(九州大学)
  11. 加藤 千幸(東京大学)
  12. 加藤 裕之(宇宙航空研究開発機構)
  13. 河合 秀樹(室蘭工業大学)
  14. 河村 拓馬(日本原子力研究開発機構)
  15. 木倉 宏成(東京工業大学)
  16. 木綿 隆弘(金沢大学)
  17. 熊谷 一郎(明星大学)
  18. 小池 俊輔(宇宙航空研究開発機構)
  19. 小林 美保((株)日立製作所)
  20. 小紫 誠子(日本大学)
  21. 佐伯 壮一(大阪市立大学)
  22. 坂本 尚久(神戸大学)
  23. 塩路 昌宏(京都大学)
  24. 神保 智彦((株)東芝)
  25. 瀬尾 和哉(山形大学)
  26. 高石 武久(宇宙航空研究開発機構)
  27. 高藤 圭一郎(西日本工業大学)
  28. 滝山 由美(旭川医科大学)
  29. 田中 洋介(京都工芸繊維大学)
  30. 田畑 隆英(鹿児島工業高等専門学校)
  31. 田村 善昭(東洋大学)
  32. 鳥居 修一(熊本大学)
  33. 永井 大樹(東北大学)
  34. 西野 耕一(横浜国立大学)
  35. 能見 基彦((株)荏原製作所)
  36. 長谷川 克也(宇宙航空研究開発機構)
  37. 長谷川 恭子(立命館大学)
  38. 林 亮子(金沢工業大学)
  39. 半田 太郎(豊田工業大学)
  40. 松田 寿(北海道科学大学)
  41. 村川 英樹(神戸大学)
  42. 村田 滋(京都工芸繊維大学)
  43. 森 眞一郎 (福井大学)
  44. 森 英男(九州大学)
  45. 山田 俊輔(防衛大学校)
  46. 山中 玄太郎((株)豊田中央研究所)
  47. 山本 恭史(関西大学)
  48. 横井 嘉文(防衛大学校)
  49. 横山 博史(豊橋技術科学大学)
  50. 渡邊 正宏(富士通(株) )
  51. 和田 雅直((株)インテージ)

第31期役員理事名簿

第31期(2019.6.1~2020.5.31)可視化情報学会 役員担当

会長

横野 泰之(東京大学)

副会長

総務

桑原 譲二((株)フォトロン)

編集

伊藤 慎一郎(工学院大学)

企画

藤代 一成(慶應義塾大学)

理事

総務理事

染矢 聡(産業技術総合研究所)総務委員会委員長

富松 重行((株)電業社機械製作所)総務委員会副委員長財務・財政健全化

木倉 宏成(東京工業大学)規定・会誌(広告)・30周年記念担当

菊地 謙次(東北大学)財務・総務

丹下 学(芝浦工業大学)IT/広報

編集理事

竹島 由里子(東京工科大学)編集委員会委員長・和文誌編集委員会委員長

武居 昌宏(千葉大学)編集委員会副委員長・JOV

中村 元(防衛大学校)学会誌編集委員会委員長

松田 佑(早稲田大学)学会誌編集委員会

企画理事

飯田 明由(豊橋技術科学大学)企画委員会委員長

榊原 潤(明治大学)企画委員会副委員長 国際化・学会連携・記念事業

森田 潔((株)日立製作所)研究会

渕脇 正樹(九州工業大学)研究会

美馬 秀樹(東京大学)講習会

松岡 大祐(海洋研究開発機構)講習会

監 事

澤田 達男(慶應義塾大学)

伊藤 貴之(お茶の水女子大学)

事務局長

中山 敦志(一般社団法人 可視化情報学会)

年頭のご挨拶 —新しい時代の始まり—

第31期会長 横野 泰之

yokono2019

New Year Annual Message -Beginning of A New Era-

Yasuyuki Yokono

明けましておめでとうございます。会員の皆さまにおかれましては、つつがなく新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。令和の時代となって初めてのお正月を迎え、東京オリンピックの開催等、様々な新しい事が起きる2020年代の始まりです。

可視化情報学会としては、2019年7月に第47回 可視化情報シンポジウムを開催しました。法人化30周年にあたり、可視化情報学会の誕生を振り返り、会長経験者5名から今後の学会について語っていただきました。2020年の第48回は鹿児島にて開催します。学会が生まれて50年という大きな節目となる第50回が目前に迫っており、これを見通した開催計画を立案していきます。和文論文集、英文論文集(JOV)、学会誌の発行という学会の基本機能を着実に実行し、講習会の一層の充実も図る予定です。可視化技術に関わる研究者・教育者・企業関係者・学生の交流の場を提供する場として、2018年度より衣替えを行ったビジュアリゼーションワークショップにもご期待下さい。

可視化情報学会が関係する国際学会、ISFV(International Symposium on Flow Visualization), ISPIV(International Symposium on Particle Image Velocimetry), FLUCOME(Fluid Control, Measurements and Visualization), ASV(Asian Symposium on Visualization), ISUD(International Symposium on Ultrasonic Doppler Methods for Fluid Mechanics and Fluid Engineering)について日本開催を視野に入れ、中長期的な観点でサポート委員会を構成します。2020年にISUD12(Kobe, Sep.14-17, 2020)を、2023年にASV17を日本で開催する事が決定し、他のシンポジウムについても日本のプレゼンスの強化を図っていきます。なお、私がチェアーを務めるISTP31 (31st International Symposium on Transport Phenomena, Honolulu, Hawaii, Oct. 13-16, 2020)も可視化情報学会の協賛行事として準備を進めていきます。

日本は長く「科学技術立国」をうたってきましたが、新興国を含め世界各国が政策的にも科学技術に注力しており、相対的に我が国の科学技術における国際的地位は下がってきています。論文数が量的にも質的にも低下し、博士課程への進学者が低下するなど、今後人口減少が進む中、将来の研究者コミュニティの持続が危ぶまれています。一方で、第四次産業革命が進展し社会・産業構造の変革が進み、イノベーションが単独の学術に起因するより異分野との境界領域や柔軟な応用によって生まれる等、そのあり方にも変化が現れています。科学技術研究のグローバル化が進んでいることも合わせて、これからの研究者には,研究遂行能力だけでなく、マネージメント、国際的ネットワーク構築、他分野や異なる立場の理解等、多彩な能力が求められています。可視化情報学会には、多様な学術・専門分野を背景とする方々が可視化という手段を介して集まっており、本学会の特徴である学際性や多様な価値の理解、グローバルな取り組みは今の時代に求められているものだと思います。このような特徴を再認識して継続的な活動に繋げたいと考えております。若手・中堅研究者への働きかけやシニア研究者にも活躍し続けていただける仕組みを考える必要があります。多様な学術が存在する中で、特徴ある学会として求心力を維持し続けるには、それぞれの学術の発展に伴う、可視化情報分野における新たな展開が欠かせません。将来の可視化情報に関する研究の柱の一つとなるような挑戦的な研究に期待をしており、可視化情報学会としての取り組みも必要と思っています。

皆さまの新しい時代における、益々のご健勝とご発展を祈念いたしまして、年頭のご挨拶とさせていただきます。