可視化情報シンポジウム:原稿の執筆・投稿に関して

1.講演原稿執筆要項 (可視化情報学会誌原稿に準ずる)

原稿の作成にあたっては,以下のテンプレートをご利用下さい.

ファイル形式

  1. 原稿サイズはA4版とし,ページ数は任意(ただしファイルサイズは5MB以下) とする.
  2. 余白は各ページ右20mm,左20mm,上25mm,下20mm.ヘッダー・フッターは入れない.
  3. 使用言語は日本語または英語とする.
    和文原稿の場合:第1ページに題目,著者名,所属先を和文で書き,続けて題目,著者名の英文名を記入
    英文原稿の場合:第1ページに題目,著者名,所属先を英文で記入
  4. タイトル(英文も含む)は,講演申込時のタイトルと同一とする.
  5. 著者名のうち,講演者の右肩上に丸印を記入する.
  6. 150字程度の英文アブストラクト,5つ以下のキーワードを記し,以下本文とする.
  7. 本文は2段組とし,1ページ当り25字×50行×2段を標準とする.
  8. 図表には通し番号をふり,説明文を原則として英文で表記する.
  9. ファイル名は,講演申込時の申込番号を用いて,以下のように設定すること(申込番号は、個人ページの「登録情報の管理」よりご確認ください)
       論文:申込番号.pdf
       調査票:申込番号-cyousa.pdf

2.提出物

  • 講演原稿(PDF形式)
  • 調査表(押印したものをPDF形式で提出願います)
    必ず原稿と調査票の2点をご提出下さい.
    受付原稿フォーマットはPDF形式となります.ファイル作成が難しい場合はシンポジウム実行委員会までお問い合わせ下さい.

可視化情報学会 論文集投稿要領

PDF

平成12年 6月 7日 制定
平成13年 3月 7日 改定
平成17年12月15日 改定
平成20年9月3日 改定
平成26年9月27日 改定

可視化情報学会 論文集投稿要領

1. 可視化情報学会論文集の内容

1.1 可視化情報学会論文集に掲載される論文は、可視化情報の技術、応用計測、理論・原理、解析およびそれらに関連のあるもので、会員間の意志の疎通、知識の交換および相互の啓発に有効なものとする。

1.2 投稿論文は著者の原著であり、その主要な部分が他学協会の刊行物に未投稿のものであること。

1.3 可視化情報学会論文集に掲載される論文の規定最大ページ数は8ページとする。編集委員会が特に認めたもの以外は、規定ページ数を超えてはならない。

1.4 可視化情報学会論文集に掲載される論文は、オンラインジャーナルとして J-Stage (https://www.jstage.jst.go.jp/browse/tvsj/-char/ja/)上で公開され、毎月更新される。論文発行日はオンラインジャーナル公開日とする。可視化情報学会誌には論文概要のみが掲載される。

1.5 オンラインジャーナルには動画を掲載することが可能である。別刷ならびにオンラインジャーナルに掲載される図表は原則としてカラーであるので、カラーを推奨する。

2. 論文の体裁および提出物

2.1 1ページは、25字×48行×2段=2,400 字で、体裁は本要領添付の「原稿見本」のとおりである。

2.2 論文は和文または英文とする。本文の前に150 語程度の英文抄録と3個以上の英文キーワードを入れる。

2.3 原稿は本要領添付の「原稿見本」を参照して、図表を含み、大きさ、割付ともにできるだけ原稿見本の体裁に仕上げる。

2.4 本文の書き方および図表等の作成方法は本要領別項1 「本文について」および別項2「図表等の作成方法」に従う。

2.5 図表には番号(Fig.1, Table 1 等)を含め英文を用いる。本文中では右図や下表という表現はせず番号で示す。写真は図とみなす。写真には撮影条件を記入することが望ましい。

2.6 必要に応じて、動画を提出することもできる。

2.7 論文の採否は査読委員の審査を基に編集委員会で決定する。

2.8 掲載が決定した論文の表題、著者、内容を変更してはならない。

2.9 掲載が決定した際には、本要領別項3の

を提出する。

2.10 論文の掲載料を徴収する。初回投稿時8ページ以内1編25,000円とする。初回投稿の段階で8ページを超過している場合は、超過1ページにつき5,000円を加算する。

2.11 特に要望がない限り、原稿等は返却しない。

2.12 オンラインジャーナル発行にあわせて、希望する著者には別刷を有償(50 部あたり 10,000 円)にて配布する。なお、別刷はカラーにて印刷されるものとする。著者の 希望により、白黒印刷に変更できる。なお、別刷には動画は掲載しない。

3. 投稿方法・連絡先

3.1 論文修正時あるいは掲載決定後を除き、原稿はweb投稿のみとし、 http://www.vsj.or.jp/tvsj/ から行う。
また、論文に関する問い合わせ先は

論文集編集担当 E-mail: tvsj@visualization.jp

または

(一社)可視化情報学会 事務局
〒114-0034 東京都北区上十条 3-29-20 アルボォル上十条103号
TEL / FAX: 03-5993-5020 / 03-5993-5026

である。

3.2 なお、PDFやWeb投稿が難しい場合は、従来どおり上記連絡先に原稿を送付すること。E-mailによる論文の投稿は受け付けていない。

付則

1. この要領の変更は編集委員会で決定し、理事会に報告する。
2. この要領は2014年9月27日より施行する。




投稿要領 別項1

本文について

  1. 投稿された論文の編集作業は、原則として提出されたpdf論文原稿をもとに行う。このため、上付き・下付き等の文字が正原稿上で分かり難い場合には赤字で指示することができる。
  2. 句点はピリオド(.)、読点はカンマ(,)を使用する。
  3. 本文において量記号(X, Y, a, b等、数量の代わりに用いる記号)は斜体、単位記号は立体とする。
  4. 単位は SI を用いる。
  5. 数式は、マイクロソフトワード2010に標準装備されているエディタ、マイクロソフトワード2007以前の数式エディタ3.0などを用いて作成すること。
  6. 参考文献は文中に上付き片括弧の通し番号を付け、本文の後にまとめる。 詳しい記述の仕方については、原稿見本を参照すること。(a)雑誌は 著者:表題、誌名、巻号 (発行年) 頁数 の順に記載する。(b)書籍は 著者:書名、版、発行所 (発行年) 頁数 の順に記載する。
  7. J-Stage 上で論文が公開された場合、下記に示すような文字は一部のコンピュータでは表示されないか、文字化けするなどの不具合が生じ、コンピュータの機種に依存するため、本文中で使用しないこと。
  8. ① ② ③ ④ ⑤ ⑥ ⑦ ⑧ ⑨ ⑩⑪ ⑫ ⑬ ⑭ ⑮ ⑯ ⑰ ⑱ ⑲ ⑳ Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅳ Ⅴ Ⅵ Ⅶ Ⅷ Ⅸ Ⅹ ㍉ ㌔ ㌢ ㍍ ㌘ ㌧ ㌃ ㌶ ㍑ ㍗ ㌍ ㌦ ㌣ ㌫ ㍊ ㌻ ㎜ ㎝ ㎞ ㎎ ㎏ ㏄ ㎡ 〝〟 № ㏍ ℡ ㊤ ㊥ ㊦ ㊧ ㊨ ㈱ ㈲ ㈹ ㍾ ㍽ ㍼ ㍻ ≒ ≡ ∫ ∮ ∑ √ ⊥ ∠ ∟ ⊿ ∵ ∩ ∪




投稿要領 別項2

図表等の作成方法

ここでは紙に印刷する図表の作成方法および編集上の取扱いについて述べる。

  1. 図表の割付
    1. 図表は、提出された電子ファイルを読み込むか原図をそのままスキャン処理し、必要な寸法に縮尺して印刷版下として使用し、本文中に割付けられる。
    2. 論文集は2段組であり、図表は1段(幅80mm)または2段(幅170mm)の寸法に割付ける。ただし、複数の図表を組み合わせて2段の寸法にすることは可能である。
  2. 原図の作成
    原図の作成には次のような注意が必要である。

    1. 図表等の原図は本文原稿と別個に作成し、1枚ずつ A4 用紙に出力するか貼り付ける。
    2. 鮮明であること。判読不能な文字や部分がないこと。
    3. 無用の空白が無いこと。本文の説明に必要でない部分はできるだけ削除する。
    4. 縮尺した場合に文字が適当な寸法になること。紙面の図表中で読み易い文字の最小の高さは英数字で 2mm、漢字で 2.5mm 程度である。下付き等の文字は最小でも 1.5mm 程度になるようにする。
    5. 文字を縮小すると線も細くなるから、原図にはゴシック体を用いる等の対策を施す。
    6. 量記号(X, Y, a, b 等、数量の代わりに用いる記号)は斜体、単位記号は立体とする。
    7. 単位は SI を用いる。
    8. 図表への文字等の貼込みは著者が行う。
    9. 中間調印刷を希望する図(写真を含む)にはその旨を明記する。
    10. 原図の表面右下に著者名と図番号を記入する。
    11. 図表のキャプションは英語で記し、先頭の文字のみ大文字、それ以降は小文字で表記する。最後にピリオド「.」を付ける。 (a), (b) 等のサブキャプションにはピリオド「.」を付けない。
  3. 割付けおよび仕上がり確認
    1. 図表等を含む全体の割付け案を原稿上に図表を貼り付けて示す。この際、必ず原図を用い、図表を論文掲載時の寸法に合わせる。さらにその仕上がりを確認しておく。特に図表の文字の大きさおよび線の太さを十分に確認する。また、図表番号と本文との対応関係を確認する。
    2. 実際の割付けは著者の希望通りにならない場合もある。




投稿要領 別項3

提出物について

論文を投稿する際には、 オンラインホームページ (http://www.vsj.or.jp/tvsj/ ) から、指示に従って論文投稿時データに示すデータA. を入力しサブミットすること。
また、本会論文集に掲載が決定した場合には、掲載用提出物1(印刷物)B. を郵送、掲載用提出物2(電子ファイル)C. を電子メールによって提出すること。

A. 論文投稿用提出物

A.1 入力データ 論文タイトル、著者名、所属、連絡先、e-mailアドレス、keywordsを投稿用HPからサブミットする。
A.2 論文原稿 Pdfファイルを投稿用HPからサブミットする。
A.3 動画ファイル 必要に応じて動画ファイルを投稿用HPからサブミットする。

B. 掲載用提出物1(印刷物)

B.1 論文調査表(A) 1部 本学会ホームページ (http://www.visualization.jp/) にあるファイルをダウンロードして 必要事項を記入し、原稿の表紙として添付する。

論文調査票(A) WORD
論文調査票(A) WORD

B.2 論文調査表(B) 1部 掲載可の通知とともに送付される論文調査表(B)に必要事項を記入する。

論文調査票(B) WORD
論文調査票(B) WORD

C. 掲載用提出物2(電子ファイル)

次の要領で電子ファイルを作成し電子メールで提出すること。

C.1 論文原稿 原稿本体 (pdf ファイル)
C.2 論文原稿 原稿本体 (word ファイル)
C.3 英文抄録 J-Stage 用の英文抄録(150 語程度)、キーワード(3語以上) を A4 用紙1頁に出力したwordファイル。論文題目、著者名、所属、論文要旨の順で記述する。
C.4 和文抄録 J-Stage 用の和文要旨を A4 用紙1頁に出力したwordファイル。論文題目、著者名、所属、論文要旨の順で記述する。

学会誌への広告掲載について

本学会では、学会誌「可視化情報」および、論文集「可視化情報シンポジウム、可視化情報全国講演会、各種国際会議」への広告を随時募集しております。広告を通して先端の装置やソフトウェア、書籍等をご紹介いただくとともに、あわせて、学会の一層の発展にご協力いただければ、たいへん幸いに存じます。ご希望の方はお気兼ねなく学会事務局までご相談ください。連絡先は末尾に記載しております。また、価格表はこちらです。

1-VSJ-J.jpg 2-Sympo-P.jpg 3-PIV11.jpg

学会概要

昭和56年に「流れの可視化学会」としてスタートした本学会も、平成2年の「可視化情報学会」への法人化を経たのち、一昨年の平成23年には一般社団法人として、新たな発展を目指して活動を進めております。

会員状況

現在、正会員・名誉会員950名、学生会員39名(2012年末現在)を数え、その所属も大学、公的研究所のみならず、多くの産業界の会員(261名)が 加入しております。 また、賛助会員も64社にのぼり、計測器、ソフトウェアベンダーの企業の皆様に 加え、自動車、電気、精密、土木、建築、など、日本のものづくりを支える多く企 業に加盟していただいております。(2013年1月1日現在)

学会主要活動

国内では、可視化情報シンポジウム(7月)、可視化情報全国講演会(9月)、ビ ジュアリゼーションカンファレンス(12月)を開催しております。 また、これまで多数の国際会議も開催してまいりました。 さらには、会員のみなさまのご協力を得て、PIV講習会を開催するなど、多彩な活動を進めております。論文集はそれぞれのシンポジウム、全国講演会、国際会議等において作成しております。

学会誌の状況

「可視化情報学会誌」は、上記の会員に加え、学会誌購読者の皆様を対象に年に4 回、およそ1240部発行されており、日本をリードする可視化に関わる研究者、技術者に届けられる唯一の媒体です。(2013年1月1日現在)

その他

また、学会誌の「会報・会告」欄に職員募集、行事案内等の情報も有料で掲載致します。
掲載は個人、企業、公的機関を問わず、掲載料はA4版(モノクロ)1頁あたりで8万円です。

お問い合わせ

詳細およびご質問等は学会事務局までご連絡ください。
【事務局】
〒114-0034 東京都北区上十条 3-29-20 アルボォル上十条 103
TEL: 03-5993-5020
FAX: 03-5993-5026
E-mail: info@vsj.or.jp

論文集投稿要領

PDF [124KB]

 

平成12年 6月 7日 制定
平成13年 3月 7日 改定
平成17年12月15日 改定
平成20年9月3日 改定

 

可視化情報学会 論文集投稿要領

 

1. 可視化情報学会論文集の内容

 

1.1 可視化情報学会論文集に掲載される論文は、可視化情報の技術、応用計測、理 論・原理、解析およびそれらに関連のあるもので、会員間の意志の疎通、知識の 交換および相互の啓発に有効なものとする。

 

1.2 投稿論文は著者の原著であり、その主要な部分が他学協会の刊行物に未投稿の ものであること。

 

1.3 可視化情報学会論文集に掲載される論文の規定最大ページ数は8ページとする。編集委員会が特に認めたもの以外は、規定ページ数を超えてはならない。

 

1.4 可視化情報学会論文集に掲載される論文は、オンラインジャーナルとして J-Stage(http://www.jstage.jst.go.jp/browse/tvsj/-char/ja)上で公開され、毎月更新される。論文発行日はオンラインジャーナル公開日とする。オンラインジャーナルに掲載された論文は、1年分をまとめて合本CDROMとして発行される。可視化情報学会誌には論文概要のみが掲載される。

 

1.5 オンラインジャーナルには動画を掲載することが可能である。また、合本CD-ROMにも動画は収録される。別刷ならびにオンラインジャーナルに掲載される図表は原則としてカラーであるので, カラーを推奨する.
2. 論文の体裁および提出物

 

2.1 1ページは、25字×48行×2段=2,400 字で。体裁は本要領添付の「原稿見本」 のとおりである。合本集はCDROM版である。

 

2.2 論文は和文または英文とする。本文の前に 150 語程度の英文抄録と3個以上の英文キーワードを入れる。

 

2.3 原稿は本要領添付の「原稿見本」を参照して,図表を含み,大きさ,割付ともにできるだけ原稿見本の体裁に仕上げる.

 

原稿見本PDF [22KB]
原稿見本WORD [32KB]
テンプレートWORD [55KB]

 

2.4 本文の書き方および図表等の作成方法は本要領別項1 「本文について」および 別項2「図表等の作成方法」に従う。

 

2.5 図表には番号(Fig.1, Table 1 等)を含め英文を用いる。本文中では右図や 下表という表現はせず番号で示す。写真は図とみなす。写真には撮影条件を 記入することが望ましい。

 

2.6 必要に応じて、動画を提出することもできる。

 

2.7 論文の採否は査読委員の審査を基に編集委員会で決定する。

 

2.8 掲載が決定した論文の表題,著者,内容を変更してはならない。

 

2.9 掲載が決定した際には,本要領別項3の

を提出する.

 

2.10 論文の掲載料を徴収する。6ページまでは 10,000 円/頁、それを超えた分 は 20,000 円/頁とする。

 

2.11 特に要望がない限り、原稿およびフロッピーディスク等は返却しない。

 

2.12 オンラインジャーナル発行にあわせて、著者には 50 部/編の別刷を贈呈する。なお、別刷はカラーにて印刷されるものとする。著者の希望により、白黒印刷に変更できる.また、50部以上の部数の別刷を希望する場合は、50 部単位で有償とする。なお、別刷には動画は掲載しない。別刷は、オンラインジャーナル発行より1ヶ月以内に著者に送付する。
3. 連絡先

 

原稿の送付先および連絡先は下記の通りである。

〒114-0034
東京都北区上十条 3-29-20 アルボォール上十条103号
一般社団法人 可視化情報学会 事務局
TEL: 03-5993-5020
FAX: 03-5993-5026
E-mail: info@vsj.or.jp
4. 論文投稿
原則として、Web (http://www.vsj.or.jp/tvsj/ )からのPDF論文投稿とする。
なお、PDFやWeb投稿が難しい場合は、従来どおり上記連絡先に原稿を送付すること。E-mailによる論文の投稿は受け付けていない。
付則
1. この要領の変更は編集委員会で決定し、理事会に報告する。
2. この要領は2008年9月3日より施行する。

投稿要領 別項1

本文について

    1. 投稿された論文の編集作業は、原則として提出されたpdf論文原稿をもと に行う。このため、上付き・下付き等の文字が正原稿上で分かり難い場合には 赤字で指示することができる。
    2. 句点はピリオド(.),読点はカンマ(,)を使用する。
    3. 本文において 量記号(X, Y, a, b等,数量の代わりに用いる記号)は 斜体、単位記号は立体とする。
    4. 単位は SI を用いる。
    5. 参考文献は文中に上付き片括弧の通し番号を付け、本文の後にまとめる。 詳しい記述の仕方については、原稿見本を参照すること。
      1. 雑誌は 著者:表題、誌名、巻号 (発行年) 頁数 の順に記載する。
      2. 書籍は 著者:書名、版、発行所 (発行年) 頁数 の順に記載する。
    6. J-Stage 上で論文が公開された場合、下記に示すような文字は 一部のコンピュータでは表示されないか、文字化けするなどの不具合が生じ、コンピュータの機種に依存するため、本文中で使用しないこと。
① ② ③ ④ ⑤ ⑥ ⑦ ⑧ ⑨ ⑩⑪ ⑫ ⑬ ⑭ ⑮ ⑯ ⑰ ⑱ ⑲ ⑳ Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅳ Ⅴ Ⅵ Ⅶ Ⅷ Ⅸ Ⅹ ㍉ ㌔ ㌢ ㍍ ㌘ ㌧ ㌃ ㌶ ㍑ ㍗ ㌍ ㌦ ㌣ ㌫ ㍊ ㌻ ㎜ ㎝ ㎞ ㎎ ㎏ ㏄ ㎡ 〝〟 № ㏍ ℡ ㊤ ㊥ ㊦ ㊧ ㊨ ㈱ ㈲ ㈹ ㍾ ㍽ ㍼ ㍻ ≒ ≡ ∫ ∮ ∑ √ ⊥ ∠ ∟ ⊿ ∵ ∩ ∪

投稿要領 別項2

図表等の作成方法

ここでは紙に印刷する図表の作成方法および編集上の取扱いについて述べる。

  1. 図表の割付
    1. 図表は、提出された電子ファイルを読み込むか 原図をそのままスキャン処理し、必要な 寸法に縮尺して印刷版下として使用し、本文中に割付けられる。
    2. 論文集は2段組であり,図表は1段(幅80mm)また は2段(幅170mm)の寸法に割付ける。ただし、複数の図表を組み合 わせて2段の寸法にすることは可能である。
  2. 原図の作成
    原図の作成には次のような注意が必要である。

    1. 図表等の原図は本文原稿と別個に作成し、1枚ずつ A4 用紙に 出力するか貼り付ける。
    2. 鮮明であること。判読不能な文字や部分がないこと。
    3. 無用の空白が無いこと。本文の説明に必要でない部分はできるだ け削除する。
    4. 縮尺した場合に文字が適当な寸法になること。紙面の図表中で読 み易い文字の最小の高さは英数字で 2mm、漢字で 2.5mm 程度で ある。下付き等の文字は最小でも 1.5mm 程度になるようにする。
    5. 文字を縮小すると線も細くなるから,原図にはゴシック体を用い る等の対策を施す。
    6. 量記号(X, Y, a, b 等,数量の代わりに用いる記号)は 斜体, 単位記号は立体とする。
    7. 単位は SI を用いる。
    8. 図表への文字等の貼込みは著者が行う。
    9. 中間調印刷を希望する図(写真を含む)にはその旨を明記する。
    10. 原図の表面右下に著者名と図番号を記入する。
    11. 図表のキャプションは英語で記し,先頭の文字のみ大文字,それ以 降は小文字で表記する。最後にピリオド「.」を付ける。 (a), (b) 等のサブキャプションにはピリオド「.」を付けない。
  3. 割付けおよび仕上がり確認
    1. 図表等を含む全体の割付け案を原稿上に図表を貼り付けて示す。この際、必ず原図を用い、図表を論文掲載時の寸法に合わせる。さらにその仕上がりを確認しておく。特に図表の文字の大きさおよび線の太さを十分に確認する。また、図表番号と本文との対応関係を確認する。
    2. 実際の割付けは著者の希望通りにならない場合もある。

投稿要領 別項3

提出物について

論文を投稿する際には, オンラインホームページ (http://www.vsj.or.jp/tvsj/ ) から、指示に従ってA. 論文投稿時データに示すデータを 入力しサブミットすること。また、本会論文集に掲載が決定した場合には、B. 掲載用提出物1(印刷物)を郵送、C. 掲載用提出物2(電子ファイル)を電子メールによって提出すること。なお、D. 掲載用提出物3(図表の電子ファイル) を郵送にて提出することが望ましい。

A. 論文投稿用提出物
記号 提出物 内 容
A.1 入力データ 論文タイトル、著者名、所属、連絡先、e-mailアドレス、keywordsを投稿用HPからサブミットする。
A.2 論文原稿 Pdfファイルを投稿用HPからサブミットする。
A.3 動画ファイル 必要に応じて動画ファイルを投稿用HPからサブミットする。

B. 掲載用提出物1(印刷物)
記号 提出物 内 容
B.1 論文調査表(A) 3部 本学会ホームページ (http://www.visualization.jp/) にあるファイルをダウンロードして 必要事項を記入し、原稿の表紙として添付する。論文調査票(A)PDF [24KB]論文調査票(A)WORD [63KB]
B.2 論文調査表(B) 3部 掲載可の通知とともに送付される論文調査表(B)に必要事項を記入する。

C. 掲載用提出物2(電子ファイル)
次の要領で電子ファイルを作成し電子メールで提出すること。

記号 提出物 内 容
C.1 論文原稿 原稿本体 (pdf ファイル)
C.2 論文原稿 原稿本体 (word ファイル)
C.3 英文抄録 J-Stage 用の英文抄録(150 語程度)、キーワード(3語以上) を A4 用紙1頁に出力したwordファイル。論文題目、著者名、所属、論文要旨の順で記述する。
C.4 和文抄録 J-Stage 用の和文要旨 を A4 用紙1頁に出力したwordファイル。論文題目、著者名、所属、論文要旨の順で記述する。

D. 掲載用提出物3(図表の電子ファイル)
図表などの電子データを作成済みの場合には、上記の電子ファイル とともに,図表の電子ファイルを CR-R(W)、MO ディスクなどに収録 し提出することが望ましい。データ形式は、*.ai, *.bmp, *.eps, *.gif, *.jpg, *.psd, *.tif の中から選ぶことができる。ただし。これらのデータ形式においても対応できないものもある. なお,印刷所における電子データの入出力環境からなるべく圧縮率 の低い(解像度の高い) JPEG ファイル(*.jpg)を推奨する。図表データのファイル名には、著者(代表者)名の後に図表番号を加えたものとする。例えば、suzukiFig1.jpg, suzukiTable1.tif などとする。なお、動画の場合は、原則として投稿時のものを用いるが、ファイルサイズ等の関係で、圧縮などの修正を依頼する場合がある。